REPORT hamo of trois sages



滋味溢れる夏の料理

私、生まれも育ちも東京で。夏の滋養のある食材と云えばウナギ。
福井に行くまでは…。関西圏では、ハモなんですね。
初めてハモの蒲焼を食べた時は、あまりの美味しさにのけぞりました。
ウナギも勿論大好きですが、最近脂がちょっと辛い時もあって、
「梅雨の水を飲んで育つ」と言うサッパリした味の夏のハモ。
サッパリしていても旨味はたっぷり…もう 堪りませんよ。

京都では祇園祭の暑い季節に長いものを食べると精力が付くとして、
ウナギと共に食べる風習があり、夏の味覚として珍重されているそうです。

ハモの皮にはコンドロイチンが多く含まれ、人の皮膚の老化防止に効きます。
コンドロイチンは、いわゆる「ヒラメの縁側」といわれる尾ビレを動かす筋肉に非常に多くて、
これを食べることによって肌がなめらかになるそうです。
ハモを食べる伝統食文化があってこその京美人かもしれないですね。
高級食材でなければ、毎日食べたい女心です。

トロワサージュ 初登場の鱧料理。
ほんのり香味野菜が香る湯引き鱧、彩り豊かな夏野菜。
オマール海老から摂ったコクのあるコンソメのジュレと一緒に召し上がれ!
元気が出ること、お墨付きです。


トロワサージュでは夏に登場します。





P6191244.JPG