REPORT howaitoasuparagasu of trois sages



アスパラガス

春の瑞々しさを感じる野菜と言えば…。
私は何と言ってもアスパラガス!だと思います。
ヨーロッパ全域で栽培され、春から初夏にかけて美食家達が、
舌鼓をうちます。野菜としては、別格の存在感。
食卓用の小物も様々な種類があります。
日本で広く栽培されるようになったのは明治以降、最近です。

栄養面でも、アスパラギン酸やカリウム、鉄分などのミネラル、
チアミンやビタミン類を豊富に含みます。
新陳代謝や疲労回復に役立つ滋養強壮に優れた野菜です。

春野菜の王様

フランスやヨーロッパではアスパラガスと言ったらホワイト。
グリーンとは、もともと同じ品種です。
盛り土をして陽に当てないで柔らかく育てます。
実際、手間がかかるので高価になります。でもフランスでは
グリーンより安いし、
人気があります。市場でもグリーンの方が珍しいくらいです。

日本では以前は缶詰がほとんどだったので、独特の香りが
鼻につくと敬遠しがちな人も未だに多いのですが、
フレッシュなものは味わいが全く違います。
調理の仕方に一工夫いるのでお家ではなかなか、と言う方
是非プロの腕前をご賞味下さい。

春野菜や山菜は、冬に体に溜まった老廃物を出します。
だから春は新鮮で美味しい野菜をたっぷり食べたいです。





P2290727.JPG

クリックすると拡大します。

asupara.fowagura.3.jpg